井戸工事をするなら専門業者に依頼しよう!

工事

業者が適切に掘ってくれる

井戸工事を業者に依頼する際には、どのような用途で使用するのか先に伝えておきましょう。井戸は浅井戸と深井戸に分けられ、用途とその土地の性質によって適切に選択する必要があります。業者であればしっかりと現地調査を行い、希望に即した水質の井戸にしてくれます。

井戸を掘る場合の手順

男の人と女の人

ボーリング井戸の掘削

地下水が豊富な地域であれば、上水道から水を引くよりも井戸工事を行って井戸水を取水するほうが経済的な場合があります。多くの場所で井戸水を取水することができますので、井戸工事を行う場合には専門業者に問い合わせを行って、適切な方法で井戸を掘ることが大切です。特に重要なのが井戸水が取水可能かどうかです。せっかく掘っても水が出ないということもありますので、十分に調査を行ったうえで井戸工事を行う必要があります。掘削をする前に、掘削予定地の地形や地質を調査し、帯水層の状況や周辺井戸のデータなどを集めて、どのような井戸の種類がいいか、掘削方法をどうするか、掘削径・掘削深度などを決めていきます。一般的なボーリング井戸であれば、計画された掘削深度まで掘り進んでいくことになります。帯水層の状況などに応じて実際の掘削深度は若干変動します。掘り進んでいく中で、測定器により深度ごとの電気抵抗により帯水層の状況を確認していきます。測定結果に基づいて、適正な位置にストレーナーを設置できるようにケーシングプログラムを作成します。ケーシングプログラムに基づいて、ケーシングを挿入しストレーナーを設置します。その後、掘削孔とケーシングの間に砂利を充填することで、掘削孔の崩壊を防止します。最上部に防水処理を行うことで、井戸工事が完了します。最終的には揚水試験や水質試験を行って、ポンプや浄化設備を決めて井戸としての使用が開始できるようになります。

井戸

料金と作業の効率

敷地内で井戸工事を行っておくと、水道管が破裂した場合でも、自宅で水を使うことが可能となります。ただし井戸工事は、実績が豊富な業者や、高性能な機材を所有している業者に依頼することが大事です。こういった業者は、地下水脈に到達しやすい場所で効率良く井戸工事を行うので、その分かかる費用が少なめになるのです。

ウーマン

井戸掘りの仕組み

井戸工事には、パイプを打ち込むだけの簡易なものから、ボーリングマシンを使った本格的なものまでさまざまな工法があります。どの工法が適しているかは、水を汲み上げるべき層の深さや岩盤の強度によって異なります。