井戸工事をするなら専門業者に依頼しよう!

井戸掘りの仕組み

ウーマン

工法は多種多様

井戸工事には、井戸の形態に応じて3通りの方法があります。最も簡単なのは打抜き井戸と呼ばれるもので、これは地面にパイプを打ち込み、そのパイプをつたって取水するというものです。水量が安定しないという課題がありますが、工期が短く、費用が安いというメリットがあります。次は、堀抜き井戸です。昔ながらの井戸の多くはこの方法によって作られています。工法はいろいろありますが、やぐらを立て、ウインチを使って人力で掘り進め、石やコンクリートで壁を補強するというやり方が一般的です。比較的浅い層に水がある場合によく行われる井戸工事の手法です。深い層にまで掘り下げる必要がある場合は、ボーリングマシンを利用した井戸工事を行います。深さは10メートル程度から100メートルをはるかに超えるところまでと、非常に幅広く使えます。ボーリングの工法には、ビットと呼ばれる先端を回転させながら掘り進める方法、ワイヤーで吊り下げて上下動させながら掘削する方法、圧縮空気を使ってピストン駆動しながら突き崩す方法の3種類があります。いずれの工法を採用するかは、深さや岩盤の硬さなどに応じて決められます。掘削後は、検層と呼ばれる作業を行います。これは地下水の流れる層を探査するためのもので、通常は地層ごとの電気抵抗を調べる電気検層という手法が使われます。最後にケーシングと呼ばれる管を挿入し、泥水を取り除いて井戸内を洗浄したら、地下水を導いて井戸工事は完了します。あとはポンプを設置して揚水し、水質検査後に使用開始となります。